banner

様々なお葬式のスタイルとそのメリットデメリット

少し前まではスタンダードなお葬式が一般的でした。しかし時代とともにニーズに合わせて様々なスタイルが現れ選ばれるようになっています。友人や会社関係など会葬者が多い方に選ばれているのが一般葬です。従来のお葬式のスタイルで、通常お通夜とお葬式、告別式を執り行います。お通夜は参列者と遺族が会食を通して故人を偲ぶ時間になりますが、告別式に出席できない弔問者が訪れる場合も少なくはありません。翌日行われるお葬式は宗派によってしきたりや流れ、形式などが異なります。近親者や知人などが故人とお別れする社会的儀式であるのが告別式です。

遺族や親しい人を中心に行われるお葬式が家族葬です。家族葬の定義は明確にあるわけではなく、一般的に少人数で執り行われるお葬式のことを総称して呼ばれています。厳密な形式がないため遺族や故人の意向や希望を取り入れやすいスタイルです。故人が好きだった音楽を流したりお花を飾ったり、また生前のアルバムなどを自由に閲覧できるようにするなど様々です。

その他にも自宅葬は長い間入院を余儀なくされていた方に選ばれています。思い出の詰まった自宅で遺族やごく親しい人とアットホームな雰囲気の中でお別れをするスタイルです。自宅葬の種類の中にはガーデン葬というものもあり、故人が大切にしていた思い出の庭でお別れをする形です。またお通夜も告別式も行わない直葬というスタイルもあります。密葬もしくは火葬式とも呼ばれ、ご遺体を直接火葬場に運び弔う形です。お葬式に呼ぶ人が少なかったり費用の問題などで近年選ぶ人が増えてきています。

またオリジナリティ溢れる個性的なお葬式のかたちもでてきています。ドライブスルーで受付やお焼香が済ませられるものやお葬式中にミラーボールで美しい光の演出をしたり、故人や遺族のニーズに応え様々なものが登場しています。そして今までは海洋への散骨を耳にすることがありましたが、最近ではロケットやバルーンに遺骨を入れ宇宙へ散骨する宇宙葬も登場しました。埋葬をして欲しくない、宇宙へ還りたいなど故人の意向で執り行われることが多いです。

ライフスタイルの変化や核家族化が進む中、様々なお葬式のスタイルが登場し選ばれています。お葬式の規模や費用面から検討することはもちろんです。故人や遺族の想いをかたちにできるよう、それぞれのメリットデメリットを考え比較した上でお葬式のスタイルを決めていくといいでしょう。亡くなられた方との最後のお別れの時間、後悔のないようにしたいものです。

お知らせ

[2018年10月12日] ホームページを更新しました。

Copyright©2018【様々なお葬式のスタイルとそのメリットデメリット】 All Rights reserved.